子育て 3から4歳の息子を動かす「魔法の言葉」紹介

子育て
スポンサーリンク

はじめまして、私は妻と共働きで3才半の息子と1才半の娘を持つ父親です。

子育てに忙しく過ごしていますが、妻のがんばりのおかげでなんとかやっています。

子ども達は一日一日成長を見せてくれて、その成長を実感するのを楽しみに過ごしています。

 

しかし、子育てに対して勉強や情報収集をしてこなかったため急に不安に思い勉強を始めました。

 

勉強と言えば読書です。

そして「名医が教える子育ての学」という本を読みました。

 

この「名医が教える子育ての学」という本から「言うことをきかない3才から4才の息子を動かす「魔法の言葉」を学んだので紹介します。

「魔法」という言葉は私が誇張して言っているだけです。

「名医が教える子育ての学び」という本には魔法という言葉は出てきません。

 

それでは、魔法の言葉を紹介します。

それは、

「ママ、今すごく困っちゃっているんだけど。お願いだから○○○してくれる?」です。

 

この言葉は、私の3才半の息子には約5割の確率で効果を示すため

魔法の言葉と表現しました。

 

何を伝えたいかというと、

親が協力要請することが大事とのことです。

男の子は特に、ママに「助けて」と言われると「助けなきゃ!」と思うそうです。

 

実際の使用例としては、

ご飯の最中に遊びはじめてしまい、ご飯を食べない息子に対して、

「ご飯を早く食べてくれたら、ママ助かるな」というように協力を要請するとすんなりと動いてくれることがよくあります。

あなたもぜひ実践してみてください。

 

最後にとても大事なことをお伝えします。

それは、子供が協力してくれた時は

大げさでもいいから喜んであげて!

ということだそうです。

子どもは親の笑顔、特にママの笑顔が大好きです。

ママの笑顔をエネルギーにして、少しずつ成長していくそうです。

読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

「名医が教える子育ての学」という本を読んで妻と共有したいと思ったこと6選

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

名医が教える!子育て学 [ 小暮 裕之 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/6/26時点)

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました