ワンピース(ONE PIECE)考察&予想 ワンピース1010話感想・予想

ワンピース
スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに連載中の大人気漫画のワンピース(ONE PIECE)が大好きです。日々、これからのシナリオを想像したり、単行本を読み返したりして過ごしています。

この記事は、ワンピース1010話感想・予想

が書いてあります。

ぜひご覧ください。ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ビッグマム海に落ちず

カイドウがゾロに攻撃を仕掛けたため、プロメテウスが自由になり、ビッグマムを救出!

個人的には、1009話の最後でゾロの苦しそうな描写があったので

プロメテウスが助けに行きそうだなと思いましたが

カイドウに攻撃を仕掛けられたしょうがないですね。

ゾロは十分頑張りましたね!!

 

ゾロ大技を繰り出す!

 

カイドウが気を失っているルフィに対し攻撃を繰り出そうとしているため

ゾロは命を懸けた大技を繰り出します

ゾロの大技をくらったカイドウでしたが、胸に傷はうけたものの致命傷にはならず

ゾロはだいぶ限界に近い様子ですね、、。

和の国編でゾロは大活躍してくれると思っていたので少し不完全燃焼です、、、

ゾロはカイドウとビッグマムの合体技の覇海を受けているので十分にがんばったと思いますよ。

 

 

カイドウがゾロに覇王色の覇気の話をする

カイドウがゾロに覇王色の覇気を使った攻撃のようなことを言うが

ゾロはピンとこず

ゾロの覇王色の覇気覚醒きましたね!!!

ゾロの覇王色の覇気は絶対くると思ってました。

 

カイドウがゾロとローに攻撃する

カイドウがゾロとローを攻撃し、二人は大ダメージを受けてしまいました

ゾロは完全に限界ですね。

ローの見せ場がもっとほしかったですね。

 

 

ルフィ復活

ルフィが、カイドウの攻撃は覇王色の覇気をまとった攻撃だと見抜き

カイドウはそれを認める

覇王色の覇気をまとった攻撃とは超カッコイイですね!!!

そして超強そうです。

 

ルフィがカイドウに攻撃する

 

ルフィが覇王色の覇気をまとい、カイドウの攻撃を受けたり、反撃をする

ゾロとローにその場から退場するように言う

ルフィが完全に覚醒しましたね。

ドラゴンボールのゴクウがスーパーサイヤ人になった時に

ゴハンにこの場から去るように言ったシーンを思い出しました

 

キッドとキラーがビッグマム担当に!

キッドとキラーがビッグマムを分断するのに名乗りをあげました。

キッドとキラーだけで大丈夫かね???

 

ルフィとカイドウの戦い予想

カイドウとの戦いが始まった時は、ハンターハンターの蟻編くらいどうやって終わりを迎えるのかまったく想像がつきませんでした

ようやくルフィに勝機が見えてきました

覇王色の覇気をまとった攻撃とはワクワクしますね

ルフィが勝たなければ話が進まないので勝つ前提で、勝ち方を予想してみました

 

予想① 覇王色の覇気の素質がルフィの方が上

覇王色の覇気は持って生まれたものでもともとの素質となっています

肉体の強さではカイドウが上そうでうがルフィが覇王色の覇気の素質というか潜在能力が上であり

その力を使いこなすことでカイドウを倒すことができると予想します

 

予想② ルフィは一度死ぬもローに助けられ逆転するたおれ

覇王色の覇気勝負になりいい勝負になりそうですが、それで簡単にカイドウが倒せるのであれば

カイドウ最強説に疑問が残ります

ルフィが一人で倒すにはまだまだ荷が重い相手と予想します

そこで予想するのが、ルフィが一度命を失うがローに助られるパターンを予想します

ローの見せ場もイマイチなかったのでそろそろ活躍するところが見たい気がします

 

予想③ おでん登場

ルフィが一人でカイドウをたおすというのはかなり不自然な展開かと思います

となるとどこかでルフィの助けがくると予想した時におでんを思いうかべました

ゾロが近くで休んいるはずなので閻魔もあるので戦える状況にはあると感じます

おでんの登場理由にはこちらをご覧ください↓↓↓

ワンピース(ONE PIECE)考察&予想 おでん(本物)再登場する?

 

キッドとキラーだけで大丈夫?

いまいちキッドとキラーの強さがわからない状況です。

カイドウと同じくらい強いビッグマムを2人でとめれるかは心配なところです

ビッグマムの傘下にならないといいですが、、、

 

最後に

ルフィとカイドウの戦いが始まり今からが本番という感じがしてきました!

一方でモモの助やヤマト、各幹部達との戦いもとても気になるところです。

原作の話が進むのを楽しみに待ちましょう。

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました