ワンピース1066話ちょい見せ感想&考察

ワンピース
スポンサーリンク

ワンピース1066話のちょい見せが公表されました。

このちょい見せから気になることが2つあるので書いていきます。

 

スポンサーリンク

大昔に未来都市

ワンピース1065話で、大昔の未来都市があったことが話されていました。

ワンピース1066話でも話しが続いていそうでワクワクします。

何故大昔にこんなにも科学が発達していたのか?

こんなにも科学が発達しているのに何故滅びたのか?

何故人々に忘れられたのか?

この答えは「空白の100年」にありそうです。

「空白の100年」とは、オハラのクローバー博士は世界政府にとって不都合な歴史であり意図的に消されていると話しています。

この話しが出たのはワンピース41巻です。

ようやく「空白の100年」についてわかりそうで非常に楽しみです。

この科学力がベガパンクの所だけ再現されているとは考えにくいです。

何故ならばベガパンクは世界政府に雇われているからです。

つまり世界政府の本拠地であるマリージョアには科学で作られた機械がかなり普及しているのでは?と考えます。

 

スポンサーリンク

ある場所で発見された機械

ある場所で発見された機械という意味深な発言がありましたので予想していきます。

ある場所とは?

ある場所とはどこなのか気になります。

1番に思いつくのは「和の国」です。

和の国には古代兵器プルトンが眠っていることが確定しているからです。

プルトンが空白の100年に作られたかのは不明ですが、物語の進行上繋がりがあると考えた方が自然です。

ただし、和の国は鎖国されています。

カイドウに支配されていた期間もあるため、ベガパンクが知っていることに不自然な気がします。

 

マリージョア

とある場所というのが一般人がいる所であれば何らかの情報が世間に浸透している可能性があります。

しかし、そういった様子はありません。

そこで思いつくのが天竜人が暮らすマリージョアです。

マリージョアはレヴェリー編で少しだけ描かれましたがまだまだ未知な場所です。

マリージョアで何か発見されても一般人に知らされる可能性もありません。

しかし、ベガパンクは世界政府に雇われているため知っている可能性があります。

というかベガパンクに機械の解明をするように依頼されている可能性がありますよね。

 

機械とは?

機械というと古代兵器が最初に思いつきます。

後は、ワンピースの世界には月の存在が確定しているため月に行くための宇宙船が思いつきます。

 

最後に

ワンピース1066話はワンピースの世界の歴史について語られそうでワクワクしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました