逆転の兆し・孫悟空(身勝手の極意”兆”)性能 ドッカンバトル

ドラゴンボール

この記事は、逆転の兆し・孫悟空(身勝手の極意”兆”)の極限前と後の性能を比較したことが書いてあります。

個人的な感想も書いています。

 

目次

リーダースキル

極限前

「神次元」カテゴリの気力+4、HPとATKとDEF130%UP、または超力属性の気力+4、HPとATKとDEF100%UP

極限後

「神次元」カテゴリの気力+4、HPとATKとDEF150%UP、または超力属性の気力+4、HPとATKとDEF100%UP

リーダースキル感想

この能力アップは予想通りというか、リーダースキルとしては物足りないですよね。

 

パッシブスキル

極限前

自身のATKとDEF77%UP&登場から7ターンの間、超高確率で敵の攻撃を回避し、8ターン目以降は敵の攻撃を高確率回避&回避するたびに自身の気力+1(最大+7)、ATKとDEF11%UP(最大77%)

極限後

自身のATKとDEF177%UP

&登場から7ターンの間、自身の気力+4、敵の攻撃を超高確率で回避し、登場から8ターン目以降は高確率で回避

&攻撃参加中の「第7宇宙代表」カテゴリの自身を除く味方1体につきそのターン中自身が攻撃を受けるまで更に回避の発生確率7%UP

&敵の攻撃を回避するとそのターン以降、更に自身のDEF77%UP

&1番目で敵の攻撃を回避するとそのターン以降、更に自身のATK77%UP

&回避するたびに更に自身の気力+1(最大+7、ATKとDEFと会心の発動確率11%UP(最大77%)

パッシブスキル感想

かなりパワーアップした感じはあるが第7宇宙代表の仲間達が世代遅れ感があるため今後に期待という感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました