孫悟飯 フリーザ編の戦闘力伸びしろについて ドラゴンボール

ドラゴンボール
スポンサーリンク

ドラゴンボールの孫悟飯(少年期)の潜在能力は凄まじいものがありました。

この記事は、原作で描かれている戦闘能力を参考にしつつ、フリーザ編の孫悟飯の各戦闘時の戦闘力を考えたことが書いてあります。

 

ドラゴンボールに出てくるキャラクターの中で孫悟飯(少年期)が一番好きです。

なので戦闘能力については自分の願望も混ぜているのでやや多めに見積もっています。

 

 

ナメック星到着時

ナメック星到着時の戦闘力は1500です。

フリーザ軍の兵士と遭遇して戦いとなり勝利しました。

サイヤ人編からやや成長してますね。

しかし、ナメック星では戦闘力が1万越えのつわものがゴロゴロいるので見つかったら即アウト状態でした。

 

 

この時点でのMAXの戦闘力予想

地球で、ダメージを負ったベジータと一対一で戦い時間を稼ぐという大活躍を見せています。

この時のベジータの推定戦闘力を6000から8000とします。

ベジータの戦闘力の理由としてはその後に元気玉をくらってもまだ立ち上がったことが考えられます。

戦闘力4000くらいまで下がっていたとしたらナッパと同等です。あのナッパが元気玉に耐えれるとは思えないからです。

 

よってこの時の孫悟飯の戦闘力は5000くらいだったと予想します。

 

その後、ベジータ戦でのダメージを回復したことでサイヤ人の特性のパワーアップを考慮するとナメック星到着時のMAX戦闘力は6500くらいには達していたと考えます。

 

 

ギニュー特戦隊との戦い

ギニュー特戦隊との戦いでは孫悟飯の戦闘力1万を超えています。

急激な成長の理由は最長老様に潜在能力を上げてもらったからですね。

 

参考値として他のキャラクターの推定戦闘力は下記の通りです。

ベジータ 4万

グルド 2万

リクーム、ジース、バータ 6万

といった予想です。

孫悟飯はリクームにあっさりやられてしまいます。

 

その後、仙豆によって回復した孫悟飯は、ギニュー(孫悟空の体)戦闘力24000相手に余裕の戦いぶりをみせます。

 

この時点でのMAXの戦闘力予想

ギニュー特戦隊との戦い前後の戦闘力を考えていきます。

グルドの戦闘力を2万だとすると、グルドよりスピードで上回っていた孫悟飯の戦闘力は2万は超えていたとなります。

そのため、この時点での孫悟飯の戦闘力は2万から3万くらいだったと予想します。

 

その後、リクームにやられたダメージから回復したことでサイヤ人の特性のパワーアップがありました。

それを考慮すると今までのペースのパワーアップであれば4万から5万だと考えますがこのあたりの戦闘力になるとサイヤ人の特性のパワーアップが飛躍的に伸びていく傾向があることに注目していきます。

理由としては、ギニュー特戦隊の戦いの時のベジータは戦闘力4万くらいだったに関わらず、その後のフリーザ第一形態(53万)に対して互角の戦いをしています。

悟空もギニュー特戦隊戦後の戦いから回復後はかなりパワーアップしています。

 

サイヤ人の特性のパワーアップ率は固定ではなくその時その時の戦いの経験値に影響がでているような気がします。

かなりの大幅UPをして孫悟飯の戦闘力は20万前後になっていると考えます。

 

 

フリーザ戦第一形態

フリーザ戦の孫悟飯の戦闘力は20万前後とします。

フリーザ第一形態の戦闘力は53万は確定です。その数値に対して、ベジータが孫悟飯を戦力として考えていたので30万近くあるかもとも考えます。

 

30万くらいないと厳しそうですね。

 

 

 

フリーザ戦第二形態

フリーザの第二形態の戦闘力は100万というのは確定です。

その100万の相手に対して、クリリンがやられた怒りから激しい攻撃をしかけてぶっ飛ばします。

 

フリーザにはほとんどダメージを与えることはできませんでしたが、このときの戦闘力は60万から70万はいっていたのではないかと考えます。

 

この戦闘力の理由はベジータを参考に考えます。

ベジータの戦闘力が第一形態のフリーザと同等の53万だとします。

このベジータの渾身の一撃を受けた第二形態のフリーザはびくともしませんでした。

孫悟飯の怒りの攻撃はフリーザは吹き飛ばしていたため53万以上は確実と考え60万から70万を予想します。

 

結果としてフリーザにボロボロにやられてしまい、デンデによって回復を受けてサイヤ人の特性のパワーアップをまたしています。

この時の戦闘力はベジータは超えていないと考えます。ベジータ超えをしていたらベジータのコメントがもっと違うことになっていたと考えるからです。

この時の戦闘力は50万前後と考えます。

孫悟飯は怒ることで大幅な戦闘力をアップするためこれは基準値ですね。

 

 

 

フリーザ戦第三形態

フリーザ第三形態の戦闘力は推測ですが250万だと予想します。

戦闘力100万くらいのピッコロはなすすべなくボロボロにやられていました。

しかし、怒り状態の孫悟飯はあと少しというところまでの気功波を打ち込んでいます。

よってこの時の推定戦闘力は200万と考えています。

かなりの大幅のパワーアップですが天才児孫悟飯が極限の戦いの中で潜在能力を介抱しつつあると考えればあり得る数値だと考えます。

 

 

 

フリーザ戦第四形態

フリーザ第四形態との戦いは悟空が到着したことで自分がなんとかしないといけないという緊張の糸が切れた状態と考えます。

そのためこれ以上の急成長はすることなく活躍の場は終了となりました。

 

 

妄想・願望

仮に、フリーザ第四形態の時にも悟空が駆けつけなければ孫悟飯がスーパーサイヤ人に覚醒していた可能性があったと考えます。

それはそれでかなり熱い戦いだったと考えるためぜひ見たかったです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

ドラゴンボール 2022年新作映画予想

孫悟飯 サイヤ人編の戦闘力伸びしろについて ドラゴンボール



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました