ワンピース1054話感想&考察

ワンピース
スポンサーリンク

ワンピース1054話まで話しが進んでいます。

この記事は、ワンピース1054話の感想&考察を書いています。

 

スポンサーリンク

侍vs緑牛

赤鞘の侍、モモの助、ヤマトvs緑牛という戦いが開始になっています。

ヤマトはともかくモモの助まで戦いの前線に出てくるとはいがいでした。

俺

モモの助は精神的にだいぶ成長しましたね。

緑牛の実力は、百獣海賊団のキングやクイーンを一網打尽にしてしまうほどです。

そんな緑牛相手に侍達は頑張っています。

俺

赤鞘の侍達が死亡するなんてことがないといいですが、、、。

 

 

スポンサーリンク

ヤマトは緑牛と戦ってはいけない理由は?

モモの助が気になることを発言しています。

それは、「ヤマトは緑牛と戦ってはいけない」という発言です。

なぜでしょうか?

おでんの日記に書いてある未来予告であればヤマトも知っていることなので違うと思われます。

 

この発言の意味を予想してみました。

予想① ヤマトは麦わらの一味に確定?

ヤマトは麦わらの一味にはいることを熱望しています。

ヤマトの加入をルフィが断る理由も思いつきません。

そこでヤマトが麦わらの一味に入ることが確定していると仮定します。

麦わらの一味に確定したヤマトが緑牛と戦うことで、麦わらの一味と海軍の全面戦争が始まってしまうことをモモの助は恐れた可能性があると考えます。

俺

ルフィ達はもともと海賊であり、海軍と何度もやりあっています。今さら海軍との関係性を気にする必要は無さそうですが、、、。

 

予想② カイドウの娘だから?

ヤマトはカイドウの娘ですが、鬼ヶ島の中に閉じ込められていたため世間には知られていません。

緑牛の反応は意味深でした。

俺

カイドウに子供がいるというのはかなりのインパクトがあります。

海軍の立場としては、ヤマトは処刑もしくは捕まえる対象になるでしょう。

つまり、モモの助が心配するのはヤマトが捕まってしまうことだと考えます。

 

緑牛の信念がやばい

緑牛の信念がやばすぎます。

世界政府に加盟していない国の人々の命をなんとも思っていません。

俺

ワンピースの世界の権力図を素直に受け入れているキャラクターのようです。

緑牛は、ルフィが嫌うキャラクターにバッチリ合います。

2人が出会えばとことん戦うことになるでしょう。

 

炎帝サボ

サボが生存していることは確定したと言って良さそうです。

生きているだけではなく、大将と互角に戦い、バーソロミュー・くまを解放し、ゼブラ王を殺害などの実績を残しています。

俺

王の殺害に関しては疑問がのこりますが、、、。

革命軍側としてはマリージョアの作戦大成功といったところでしょうか。

サボは革命軍の英雄扱いです。

革命軍の動きがより活発化しそうであり今後の展開が非常に楽しみです。

 

シャンクス何しに来た?

シャンクスが登場しました。

和の国近海まで来ているにもかかわらずルフィに会わないことが確定しました。

俺

シャンクス何しに来たの?っていう感じですね。

相変わらずシャンクスが考えていることはわかりません。

シャンクスという存在がどのような影響を与えるのか今後に注目です。

 

最後に

緑牛の存在のせいで、和の国はまたもやピンチです。

どのように話しがまとまるのか楽しみに待ちましょう。

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました