【確定】マルコの懸賞金額は低すぎか? ワンピース考察&予想&妄想

ワンピース
スポンサーリンク

令和3年7月2日に発売のビブルカード ワンピース図鑑を購入しました。

そこにはなんとマルコの懸賞金額が載っていました。

しかし、非常に残念な懸賞金額でした。

その額なんと

13億7400万ベリー

と低くてびっくり!!

あの白ひげ海賊団のナンバー2のマルコが懸賞金金額が13億しかないことを残念に感じております。

 

ルフィが15億のためすでにルフィの方が上です。

 

そこで、元白ひげ海賊団のナンバー2のマルコが13億7400万ベリーというのが妥当なのかを、戦闘力の面と世界に及ぼす危険度から考えていきます。

 

マルコの戦闘力

マルコの戦闘力について、戦闘シーンから考えていきます。

黄猿戦

黄猿戦で考えていきます。

戦闘シーンは多くは描かれてはいないですが、マルコの能力が「トリトリの実 幻獣種 モデル不死鳥(フェニックス)」だとわかりました。

初めて見た時は、めちゃくちゃかっこよくて、めちゃくちゃ強そうで、めちゃくちゃインパクトありましたよね!

 

黄猿との戦いは、どちらの攻撃を当てるもダメージが入っていない状況でした。

 

結果的には、白ひげに気を取られたマルコが黄猿に体を撃ち抜かれていましたが、そういった外部の要因がなければ互角の雰囲気が漂っていました。

 

海軍大将の黄猿と互角に戦えるのに13億7400万ベリーは低すぎのように感じます。

 

 

青キジ戦

青キジ戦は、マルコが奇襲をかけてぶっ飛ばしただけなので判断難しいです。

しかし、あの青キジをぶっ飛ばせるのだからかなりの戦闘力というのは間違いありません。

 

 

赤犬戦

赤犬戦も多くは描かれていません。

マルコが赤犬に攻撃を加えているもののダメージが入っている様子はありませんでした。

 

さらに、ルフィを逃そうと白ひげ海賊団の隊長達協力して戦っていましたが、赤犬に突破されていた感があるので赤犬には力及ばずといった印象があります。

 

ガープ戦

ガープ戦も多くは描かれていません。

マルコがガープに不意に殴られたという感じでした。

しかし、確実にマルコはダメージを受けていました。

 

黒ひげ戦

黒ひげとの戦いはまったく描かれていません。

直接戦ったかどうかもはっきりとは語られていませんが、落とし前戦争で白ひげ海賊団の生き残りを率いてたのはマルコとされているので戦った可能性は十分にあると思います。

落とし前戦争の結果はマルコ達の惨敗とされています。

マルコ自身の力が黒ひげに遠く及ばなかったと仮定します。

 

黒ひげの懸賞金が22億4760万ベリーなので、マルコの懸賞金が20億いかないのは妥当かもしれません。

 

 

ビッグマム戦

ビッグマム戦はあっさり捕まりかなりピンチな様子でした。

四皇相手では力不足感を強く感じるシーンでした。

 

クイーン&キング戦

クイーン&キング戦は決着はついていませんが、一対二の状況にも関わらずマルコが有利な状況が描かれていました。

とはいえ、ワンピース1022話時点では、かなり疲弊している状況もありました。

そのことから、一対一の状況であればクイーンでもキングでもマルコの方が戦闘力は上だと確信しました。

クイーンの懸賞金は13億2000万ベリーです。

マルコがクイーンと懸賞金額があまり変わらないというのは納得できない部分があります。

 

世界へ及ぼす危険度はどうか?

マルコが世界へ及ぼす危険度について考えていきます。

元白ひげ海賊団を招集できるのであればかなりの戦力を持つことになります。

さらに、長年白ひげと旅をしていたため世界政府にとって知られたくない情報も知っている可能性があると考えます。

この二つの要素からも13億7400万ベリーは低いと感じてしまいます。

 

まとめ

まとめとしては、マルコの懸賞金額が13億7400万ベリーはやはり低すぎると考えます。

18億ベリーくらいあると私の中ではしっくりくると考えます。

皆さんはどう考えますか?

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました