ワンピース1064話感想&考察

ワンピース
スポンサーリンク

ワンピース1064話まで話しが進んでいます。

この記事は、ワンピース1064話の感想&考察を書いています。

スポンサーリンク

青キジクザンが黒ひげ海賊団確定

ついに元海軍大将青キジクザンが黒ひげ海賊団であることが確定しました。

ワンピース66巻で青キジクザンが海軍を辞めたことがわかり、ワンピース70巻で何やら不穏な動きをしていることがわかり、ワンピース72巻で黒ひげと繋がっていそうな様子でありその後ずっと明かされませんでしたがついに確定しました。

とはいえ、青キジクザンが何を考え黒ひげ海賊団にいるのかは謎です。

黒ひげティーチを見張るためなのか?もしくは黒ひげティーチの思想に共感し真の仲間になっているのか?それともティーチを利用しているのか?理由を早く知りたいですね。

黒ひげ海賊団の船にはプリンが乗っていました。

時系列的に誘拐したばっかりだったようです。

つまり青キジも乗っている可能性が高いです。

青キジまでローに攻撃を仕掛けてきたらローの勝ち目は無いと考えます。

 

スポンサーリンク

ローvs黒ひげティーチ

ローが黒ひげティーチと激しいバトルを続けています。

ローはオペオペの実の覚醒した力で黒ひげティーチにダメージを与えているように見えはしますがどこまで効いているのかは謎です。

黒ひげティーチはダメージは与えることができても耐久力が高いのか回復が早いのか今まで負けていません。

ローが負ける可能性の方が高そうです。

さらに船の中には青キジクザンが乗っている可能性があります。

黒ひげティーチと青キジクザンの2人を相手にローが勝利する可能性は無いといっても良さそうです。

青キジクザンに凍らされて終わりでしょうか?

ローが生き残れる可能性は青キジクザンが逃げれるように仕組んでくれることでしょうがどうでしょうか?

一つ可能性があるとしたらローが瀕死のドレークを匿っていたというパターンだと考えます。

元海軍大将青キジであればドレークが海兵だということを知っていてもおかしくありません。

ドレークと親しい間がらであればドレーク自身も助けたいでしょうし、義理でローも救いたいと考える可能性があります。

ローが助かる道は青キジクザン次第のような気がします。

 

ハート海賊団頑張ってる

ハート海賊団の戦闘での見せ場がきました。

新世界に来ているだけありなかなかのものです。

とはいえ青キジクザンに海ごと凍らされて敗北という可能性が高そうです。

 

バーソロミュー・くま

バーソロミュー・くまの世間の認識がわかりました。

悪い国王で国民から追い出され海賊&革命軍に所属。

その後、海軍に捕まり終身刑から逃れるためにサイボーグ化という流れのようです。

しかしその事実をボニーは否定しています。

くまは優しい国王だったとは言っています。

革命軍のメンバーも優しいくまとい言っているのでボニーの主張は間違いではないでしょう。

ワンピースの世界ではこのような現象が過去にも起こっています。

アラバスタの国王やドレスローザの国王です。

この2人の王は共に海賊にはめられて国民からの信頼を無くしています。

バーソロミュー・くまも同じことが起こっている可能性が十分にあります。

くまを落とし入れた何者かがいるということですね。

くまは肉体的な強さがあったので海賊になったり革命軍に入るという第二の人生があったのでしょう。

くまを落とし入れた何者かはさらにくまに執拗に追いかけてサイボーグ化まで持っていったということだと予想します。

くまを追い詰めた方法はくまの王国や娘のボニーを人質に取るといった方法なのでしょうね。

くまを落とし入れた者が何故そこまでくまに執着した理由はくまが特別な種族だからということでしょうね。

ちなみにくまを落とし入れたのは世界政府だと考えます。

ボニーがくまは特別な種族だと言っています。

種族というとビッグマムの言葉を思い出します。

 

 

 

 

くまは歴史のかなたに消えてしまった種族なのでしょうか?

それは違うと考えます。

くまが貴重な種族であればビッグマムの情報網に引っかかるはずです。

そこで思いつくのがくまはルナーリア族の血を引く人間なのではないでしょうか?

純粋なルナーリア族ではないため褐色の肌や黒い翼はありません。

純粋なルナーリア族では無いものの強靭な肉体は受け継いでいるため世界政府に目をつけられたということでしょうね。

ルナーリア族の力を持つくまを量産し、つまりパシフィスタを作ったということです。

その後、パシフィスタを作るノウハウを活かして純正のルナーリア族の力を持つセラフィムを作ったという流れだと予想します。

特殊な種族だったことにより辛い人生になってしまったということでしょうね。

 

海軍元帥赤犬サカズキ

赤犬サカズキがローと黒ひげティーチの戦いを結果待つことしかできないもどかしさを語っています。

これは完全に海軍から脱退した青キジクザンが登場する伏線ですよね。

赤犬サカズキができないことを青キジクザン実行するということでしょうね。

 

ベガパンクとドラゴン

ベガパンクとドラゴンが知り合いのようですごいびっくりです。

知り合いどころかかなり親しげです。

ならば何故ドラゴンはくまを助けなかったのか謎です。

ドラゴンがベガパンクに頼みくまを助けるという選択肢もあったはずです。

ドラゴンとベガパンクは何か目的がありくまを犠牲にしたともとれてしまいます。

 

最後に

ローと黒ひげティーチの戦いの決着の行方、その戦いに青キジクザンがどう絡むのか?、一方でバーソロミュー・くまについて、ベガパンクとドラゴンの関係性など気になることだらけです。

ワンピース1065話で何が描かれのか非常に楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました